鋼の 5 つの非破壊検査方法

鋼の非破壊検査には、主に光線検査、超音波検査、磁粉検査、貫入検査、渦電流検査が含まれます。

 1.放射線検出(RT)
X線検査とは、X線またはガンマ線を使用して試料を透過し、情報を記録するための装置としてフィルムを使用する非破壊検査方法を指します。 この方法は、最も基本的で広く使用されている非破壊検査方法です。

2. 超音波検出 (UT)
超音波検査は、金属、非金属、および複合材料の非破壊検査に適しています。 広い板厚範囲で試料の内部欠陥を検出できます。 金属材料の場合、1 ~ 2 mm の薄肉パイプとプレートの厚さを検出でき、数メートルの長さの鋼鍛造品も検出できます。 さらに、欠陥位置がより正確になり、エリア欠陥の検出率が高くなります。 高感度、試料の内部サイズを検出でき、小さな欠陥です。 また、検出コストが低く、速度が速く、機器が軽く、人体や環境に無害であり、現場での使用がより便利です。

3. 磁性粒子検出 (MT)
磁性粒子検出の原理は、強磁性体やワークを磁化することですが、その不連続性により、ワーク表面の磁力線やワーク表面付近の局所的な歪みや漏れ磁場が発生し、磁性粉の表面に吸着し、磁気マークが右のライト ビジュアルに表示され、不連続の位置、形状、およびサイズが示されます。

4. 侵入テスト (PT)
浸透検出の原理は、部品の表面が蛍光染料または着色染料を含む浸透物でコーティングされた後、毛細管の作用により、しばらくすると、透過性液体が表面の開口部の欠陥に浸透することです。 表面の余分な浸透剤を除去した後、部品表面の造影剤に再び塗布され、また、毛細管の作用の下で、造影剤は浸透剤の欠陥を引き付け、特定の光(紫外線または白色)で浸透流体の流れが造影剤に戻ります光)、欠陥浸透痕跡は現実のものです (黄緑色の蛍光または明るい赤)。したがって、欠陥の形態と分布が検出されます。

5. 渦電流試験 (ET)
渦電流試験では、試験対象の金属板または金属管の外側にコイルを交流電流で配置します。 このとき、コイル内およびその周囲に交流磁場が発生し、渦電流と呼ばれる渦状の誘導交流電流が試料内に発生します。 渦電流の分布とサイズは、コイルの形状とサイズ、AC 電流のサイズと周波数に関連するだけでなく、導電率、透磁率、試料の形状とサイズ、コイルからの距離にも依存します。表面にクラックがあるかどうか。

0 返信

コメントを残す

議論に参加してみませんか?
貢献してお気軽に!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *