合金グレードのT11鋼は、580℃まででも高い耐酸化性、可塑性、熱強度を提供します。 溶接性に優れ、溶接前に300℃に予熱し、溶接後の応力処理を除去する必要があり、高圧、超高圧、亜臨界発電所ボイラー過熱器、ヘッダー、主蒸気ダクトに広く使用されています。 フェライトおよびオーステナイトボイラー過熱器および熱交換器シームレス鋼管を行うASTMA11で指定されたグレードT213。

  • 規格:ASTM A213
  • 寸法:1/8 "から24"
  • 肉厚:SCH10〜160
  • 長さ:1mから12mまたはカスタムの長さ
  • 用途:600℃以下の高圧、超高圧、亜臨界発電所の過熱器、再熱器管、ヘッダー、蒸気管、原子力熱交換器、油分解装置炉管用。

T11相当の素材

UNS ASTM EN DIN JIS GB
K11597  P11 10CrMo5-5 1.7338 STBA23 12Cr1MoV

ASTM A213T11チューブ化学組成

グレード C Mn P S Si Cr Mo
T11 0.05-0.15 0.30-0.60 ≤0.025 ≤0.035 0.50-1.00 1.00-1.50 0.44-0.65

ASTM A213T11チューブの機械的特性

材料 引張強さ(Mpa) 降伏強さ(Mpa) 伸長(%) 硬度(HRB)
T11 ≥415 ≥220 ≥30 ≤85

ASTM A213は、シームレスフェライト系およびオーステナイト系鋼のボイラー、過熱器、および熱交換器のチューブを対象としています。 WLD鋼 さまざまなサイズと仕様のボイラーとエコノマイザー、ヒーター、過熱器、再熱器システム用の熱間仕上げまたは冷間仕上げの同等の材料で製造された合金鋼ASTM A213T11シームレス鋼管を供給します。 この資料をお探しの場合は、お問い合わせいただくか、見積もりをご依頼ください。 さまざまなサイズがあるだけでなく、見つけるのが難しいさまざまなサイズもあります。