冬の金属パイプライン建設に関する注意事項

冬の金属パイプライン建設の注意点は、冬の建設の最大の特徴は、温度が比較的低いことだと思います。溶接作業では温度に注意を払う必要があり、溶接前に溶接位置の温度を決定する必要があります。温度のプロセス要件よりも低い場合、母材金属は溶接前に予熱する必要があります。 冬場は溶接後の保温に注意が必要です。 雨や雪の中で材料を乾燥させないように注意する必要があります。 冬場の溶接施工時は対策が必要です。 気温が摂氏-5度を超える場合は、通常の乾燥と断熱を行ってください。 温度が低すぎたり、ボードが厚すぎたりする場合は、予熱して層間の断熱に注意する必要があります。

冬期工事の主な技術対策

1.パイプ溶接は、要件に従って厳密に予熱する必要があり、事前に加熱するためにパイプを閉じたワークショップに入れる必要があります。

2.周囲温度が5℃未満の場合、水圧試験には適していません。 油圧によってテストされたパイプラインの水は、時間内にパイプから排出され、パイプの口は一時的に塞がれるべきです。

3.冬のパイプライン圧力テストを回避する必要がある場合は、冬の圧力テストを行う必要がある場合は、水で満たされたパイプラインが自然環境にさらされる時間を最小限に抑え、前提条件の下の仕様の要件、テスト時間に沿ってください。テスト後、パイプライン内の水を時間内に排出し、ブロードライを最大化するために、できるだけ短くする必要があります。

4.現場での溶接作業を軽減するために、可能な限りプレハブの量を増やす必要があります。

5. 溶接中の風速は、次の規定を超えてはならない。 それ以外の場合は、防風対策を講じる必要があります。

手動アーク溶接は 8m/s です。

B水素アーク溶接、炭酸ガス溶接 2m/s

6. 溶接アーク 1m 以内の環境の相対湿度は 90% を超えてはなりません。

7.溶接環境温度は、溶接部品が十分な温度を必要とすることを保証できる必要があり、溶接技術は影響を受けません。

8. 溶接プロセスの要件:

A 周囲温度が 0℃ 未満の場合、オーステナイト系ステンレス鋼を除き、予熱を必要としない溶接継手は、最初の溶接部位から 15mm 以内で 100℃ 以上に予熱する必要があります。

0 返信

コメントを残す

議論に参加してみませんか?
貢献してお気軽に!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *