ステンレス鋼管の溶接事項

1.一般に、6mm以下の薄い鋼管の溶接に適しており、美しくエレガントな溶接成形と小さな溶接変形の特徴があります。
2. メンテナンスガスは純度99.99%のアルゴンです。 溶接電流が 50 ~ 50A の場合、アルゴン流量は 8 ~ 10L/min、電流が 50 ~ 250A の場合、アルゴン流量は 2 ~ 5L/min です。
3. ガスノズルから出ているタングステン棒の長さは4~5mm、すみ肉溶接などのマスキングが悪いところは2~3mm、深溝入れのところは5~6mm、ノズルからノズルまでの間隔は5~XNUMXmmです。操作は通常 XNUMXmm を超えません。
4. 溶接孔の発生を防ぐため、溶接部にサビや油分が付着している場合は清掃が必要です。
5 溶接アーク長、浅い鋼の溶接、2 ~ 4 mm が最適、ステンレス鋼の溶接、3 mm が最適、長すぎるメンテナンスの結果は良くありません。
6. 船底をドッキングする場合、船底溶接通路の背面が酸化するのを防ぐために、背面もガス メンテナンスを実施する必要があります。
7. アルゴンで溶接プールを良好に維持し、溶接操作を容易にするために、溶接場所でタングステン ポールの中央線とワークピースの間に 80 ~ 85° の角度を接続する必要があります。フィラー ワイヤーと加工物はできるだけ小さくする必要があり、通常は 0° です。
8.防風性と通気性。 風が強い場所ではネットの保持方法を、室内では適切な換気方法を選択してください。

0 返信

コメントを残す

議論に参加してみませんか?
貢献してお気軽に!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *