ASTM A556、ASME SA 556は、ボイラーシステムおよび給水加熱器用のシームレス冷間引抜炭素鋼管の一般的な標準仕様です。 それは、U字管の形に曲げることを含む最小の壁厚のシームレスな冷間引抜炭素鋼管をカバーします。 発電所ボイラーの水冷壁を作るために使用され、鋼管の内壁の蒸気膜を効果的に除去し、炉壁の熱効率を向上させることができます。 この仕様には、グレードA2、B2、C2の2つのグレードがあり、B2とCXNUMXが一般的に使用されます。

  • 仕様:ASTM A556 B2
  • 外径:20mm-31.8mm
  • 壁の厚さ:: 1.1mm-35mm
  • 長さ:3m-12m
  • 納期:NBK、ブライト、Uベンディング。

ASTM A556B2パイプ化学組成

グレード C Si Mn P S
B2 ≤0.27 ≥0.10 0.29-0.93 ≤0.035 ≤0.035

ASTM A556B2パイプの機械的特性

グレード 引張強度MPa 降伏強さMPa 伸長 硬度HRB
B2 410分 260分 35 79分

ASTM A556、ASME SA 556鋼管は、主に高温ヒーターシステム用です。 WLD鋼 さまざまなサイズと仕様の冷間引抜プロセスで製造されたカーボンASTMA556グレードB2シームレス鋼管と、さまざまなサイズと仕様のボイラーとエコノマイザー、ヒーター、過熱器、再熱器システム用の同等の材料を提供します。 この資料をお探しの場合は、お問い合わせいただくか、見積もりをご依頼ください。 さまざまなサイズがあるだけでなく、見つけるのが難しいさまざまなサイズもあります。